04 2017

【雑記】カラオケをもう一ひねり楽しむ件

blog20170705_01.jpg


大学生の頃、アホみたいにカラオケに行ってたんですけど、
男性が女性ボーカルの歌を歌うのはかなり難しい。

女性の高い声を男性が歌うと一オクターブ下でなんか歌った感のない
自己満足に浸れない感じになってしまうわけです、経験上。

そこで対策を進ぜようと思います。
心して聞くが良い! そして知ってたらスルーして下さい、ゴメンナサイ。

■対策1
これは山崎まさよしさんが宇多田ヒカルの歌をギター一本でカバーしている時に
気づいたことなんですね。

ギターにはカポという装置があって、ギターのネックに設置することで
音程を高くすることができるんですね。

で、山崎まさよしさんはどうしてたかというと、カポを使って音程を高くして
歌っていたんですね。

そのまま歌えば一オクターブ下がってしまうので、キーを三つあげて一オクターブ
下げて歌えばあら不思議?!良い感じになります(笑)

なれるまで、難儀するかもですが試してみる価値あり!!
ギター弾き語りをしてる人にもお薦めですよ。


■対策2
ファルセットを使う!
これで歌いキレればプロ級でしょう(笑)

ファルセットってのは裏声です。
普通に男がやるとキモイだけになりますけど、うまく使いこなせればプロになれるかも!



0 Comments

Leave a comment