02 2010

自費(自慰)出版のお話です

今回はちょっと面白い話です。
某文○出版に無茶ぶられ探偵を一作診て貰いました。

まあ、自分で言うのも何ですが出来が良いとは言えない
作品ですので出版は断られたわけですが、

ここからが面白い話。

自費出版を勧められたわけですね。

自腹を切ってまで出版に拘っているわけでもないので
私は取り敢えず見積もりを依頼しました。

出張から戻るとポストに見積もりが入っていました。
サンプル本2冊と一緒に。(太っ腹ですね)

で、見積金額ですが、

2382000円!!!


0を一桁間違えたかと思いました。
これだけの金額があったら田舎で1年は過ごせます!

ご丁寧にクレジット分割払いの書類まで添付して下さっていました。

これで作品の校正をしっかりしてくれるのならまだ理解
できるんですが、この出版社あの悪名高い『リアル鬼ごっこ』を
出版している会社なんですよね。

ちょっと。。。勘弁して欲しいです。
大変申し訳ないですが、今回の話はなかったことに。。。(^ω^;

ちなみに私はこの高額な自費出版を詐欺だとは思っていません。
出版不況の最中会社の生き残りを賭けた一つの方策ですね。

しかし、それにしても高すぎません?(^-^;
私他にもっと安い出版社見つけましたよ。

0 Comments

Leave a comment