02 2017

【北】自衛隊OBの講演を聴く機会があったので行ってみた件

元陸上自衛隊西部方面総監の方の講演会に参加する機会があったので、行ってみた。

まず驚いたのが、出席層の年齢の高さ^^;
年配というか高齢というか、それでいてパワフルな方が多いこと。

さてさて本題に入る前に陸上自衛隊の構成は大きく分けると以下のようになっている。

blog20171002_01.jpg

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E4%B8%8A%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%81%AE%E5%B8%AB%E5%9B%A3%E7%AD%89%E4%B8%80%E8%A6%A7

北部方面(対ソ連の主力部隊)
東北方面
東部方面(首都防衛がメイン・・・現状は天災・災害時の主力)
中部方面
西部方面(対中国・北朝鮮の主力部隊)

()は以前聞いた事がある内容を記載しているので、気になる人は勝手に調べてください。

元西部方面総監といえば今話題の対北朝鮮について語るに相応しい方だと思いました。

短期では北朝鮮問題は重大な危機であるが、中長期的にみた場合中国の軍事力増強を懸念していること。
米国の核の傘や米軍による有事の際の支援に過大な期待をするのはよろしくないという解説がありました。
自分の身は自分で守れるようになるのが本来のあるべき姿なんですよね。。。

イージスアショアによる現状のミサイル迎撃率なんかを聞くと、嫌な汗をかきました。

ゆえに日本は米軍抜きでも自国を防衛できるだけの力を持つ必要があると力説されていました。
まあ確かにアメリカにとって国益にかなわないような同盟国支援は行わないだろうなぁと思いました。

日本にも国防力を高めるノウハウや技術の種はあるとのことで、安部さんに頑張ってほしいです。
(文中の諸々で解釈が間違っていたら聞いてるワタシの認識誤りです、すんません)

0 Comments

Leave a comment