FC2ブログ
12 2018

【安全保障】米中戦争の前触れ?

2012年アメリカ下院情報特別委員会の報告書の中でHuaweiとZTEが中国共産党や中国人民解放軍と
癒着しておりスパイ行為やサイバー攻撃のためにインフラ構築を行っている疑いが強く、両社との
取引を控えるよう要請していた経緯があったわけですけど、ここにきてトランプ政権の中国に対する
経済戦争のきっかけになってきました。

■米国が中国ZTEへの製品販売7年間禁止、貿易摩擦の悪化も
(reuters 2018年4月17日 )

https://jp.reuters.com/article/usa-china-zte-commerce-idJPKBN1HN2H7

■米、中国通信大手に新規制 政府調達の禁止検討
(日本経済新聞 2018/5/3 6:59)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30120710T00C18A5000000/

2012年の時点では携帯電話は規制対象外とされていたわけですけど、今回はそういうわけにも
いかないようになってきました。

米国が求めていたZTEはイランとペーパーカンパニーを介して取引していることが分かり、
その制裁によるものです。なおHUAWEIにも同様の疑義がもたれています。

■米国防総省、世界中の米軍基地でHUAWEI、ZTE製品の販売を禁止。安全保障上の懸念から
(engadget 2018年5月3日)

https://japanese.engadget.com/2018/05/03/huawei-zte/

イランとの取引疑惑にかこつけてHUAWEI、ZTEの二社について米軍内の販売を禁止。
また米キャリアのAT&TとVerizonが米議会からの圧力によりHUAWEI端末の取扱を終了と、
事実上中華製端末の米国内での取り扱いが難しくなっているようで、
中国の大手モバイル企業HUAWEI、ZTEはかなり苦境に立たされることになりそうです。
米国製のスマホ部品なくしては結構キツイはず。

日本のメディアが報じない北朝鮮問題の裏で既に米中戦争の前触れの状況が着々と進んでいるように思えます。

0 Comments

Leave a comment