22 2011

三題噺の面白いところ

先週少し触れましたが、三題噺のお話。
これは実に面白いです。

仕事を終えてホテルに帰った後、寝るまでに残された時間って
正味二時間程度なのですよね(T_T)

出張中なので娯楽もない。

そこで、知らない人が提示して下さった三つのお題を使って
800字から1200字程度の掌編小説を捻り出す。

頭の体操と文章を書く練習にもなるのですよ。

まぁまぁの物語が出来た!と思っても翌日の夜見ると微妙に思えたり、
自分の執筆能力の低さを思い知らされるという(=▽=)

それがまた勉強にもなるのですよ。

私は恋愛小説を題材にした物語は大の苦手なのですが、お題によっては
そういう方向の物語も書かざるを得ないとか。

大長編は難しくても掌編なら存外お手軽に取り組めたりします。
ストーリーテラーを目指す人はお試しあれ∩( ´∀`)∩

0 Comments

Leave a comment