13 2011

双極性障害のお話をします。

アミーゴ諸君、お世話になっております。
今日はちょっと真面目なお話です。

先日…といってももう1,2週間前の話なのですが某安全地帯掲示板で
『双極性障害』という病気が話題に挙がりました。

この病気は躁と鬱を繰り返す大変苦しい病気でして由納言的にも全く
無関係な話とは言えないのです。

「もう病気の話なんていいじゃない!」とおっしゃった方がいましたが、
一言モノ申し上げたい!(怒)

例えば、癌や慢性膵炎だと重病として話題になるのですが、
殊、この精神疾患に関してはまだ十分に認知されていないらしく、
軽んじられる傾向にあります。

端的に申し上げますと、この病気に掛かっているのではないかと心配する
だけでそのアーティストを馬鹿にしていると解釈するような風潮があるの
です。

以下Wikiからの引用です。
==
双極性障害は精神疾患で自殺率が最悪の20%前後とされている重病であり[5]、
これはうつ病より顕著に高く、適切な治療は不可欠。患者が精神科受診を
拒む場合、本人の状況を最も把握している家族が半ば強引にでも同行する
べきである。このような場合、本人は自分が病気であるという認識(病識)
が乏しいか全くないため、様々な治療上のトラブルが予想されうる。
本人が自発的に通院する場合、病院に家族が同行せずとも、家族から見て
躁状態に見えるか鬱状態に見えるかの客観的コメントを医師に伝えるのは、
医師にとって有用な情報提供となる。
==

お分かりでしょうか?

自殺率20%ですよ。

昨年の安全地帯のライブツアーで大阪公演辺りからメンバが客席を盛り上
げるパフォーマンスを止めるようにした事実をご存知無いのでしょうか?

おそらくT氏が躁状態であると判断した医師からの指示があったのでしょう。

にもかかわらず遺憾なことに、周知の通り大阪公演後の福岡公演で最悪の
事態が発生しました。

昨年のT氏の酷い躁状態を鑑みれば今年、来年以降いつ酷い鬱状態になる
可能性は誰にも否定できないのです。
(もう随分長い間この病とつきあっているようですし……)

ファンとして何が出来るわけでは無いのですが、病気を否定するような
発言は差し控えて頂きたいモノです。

また、この病気の世間一般の認知が進む事を切に望みます。

病気や薬によって人間の性格は簡単に変わってしまうのです。

0 Comments

Leave a comment