22 2011

安全地帯と玉置浩二について語る。。。その2

今日も今日とて安全地帯と玉置浩二について語ろうと思う。
前回の「その1」を読み返してみて文章がグタグタな事を再認識。。。

ちなみに前回同様に本記事も疲れている時に書いてます。。。
別に誰に強制されてるわけでも無いのに^^;

前回はソロ話ばかりだったので今回は安全地帯について綴ってみます。

私が初めて生で安全地帯のバンド演奏を聴いたのは、2002年と
2003年の二年間の再始動の時、あとは2010年の横須賀だけです。

2002年と2003年のライブはもう8年以上前のライブなので正直
記憶に殆ど残っていません。
ただ『夢の都』という曲を随分辛そうに歌っていた記憶が鮮明に残っています。
昔の声はもう戻らないのかと思った瞬間でした。
でも今の声も好きなのですよ。
両方使い分けが出来ると良いのですが。。。なんてね。

そして、私の中で安全地帯は『安全地帯10thアコスティック(略)』ビデオ
のイメージが強かったので『好きさ』が、違う!とかそんな感じでしょうか^^;
そういえば初めて生の『恋の予感』を聞いたのもこの復活の時だったかも!
ニセモノツアーから参加した私は生でこの曲を聴いた事無かったのですよね。
最近はバーゲンセールのようにやってくれますが。

あと、矢作さんがピアニカを吹いている印象が強い^^

思い起こせば2002年は武沢さんは自動車事故で舞台には立てなかったのですよね。
ギタリストの命とも言える指の怪我にも関わらず2003年の舞台で見事に完全復活
をしてくれたのは本当に嬉しかったですね。(本調子では無かったそうですが…)

うーん、色々ジワ~っと思い出してきますね。
本音を言えばソニーミュージックさんとユニバーサルさんには当時のツアーのビデオ
を発売して欲しいところです。(難しいですか?)

そうそう、2010年の話もしましょうか。
あれは凄かったですね。
横須賀の時は29曲やりましたものね!
この曲はメジャーだけどやってくれないだろうなぁ。。。って曲が一切なし!
殆どベスト盤からセットリストが作られていてビックリしました。
初めて生で聴く曲も沢山ありました。
惜しむらくは玉置さんがギターを弾いていない事!
私はバンドとして玉置さんにもギターを弾いて欲しい人なのですよ。

だから、あのエルビスプレスリー的ショーマンに徹するような演出はちょっと
好きになれないかな。
出来るだけ弾いて歌って欲しい。例えギターにプラグを刺して無くても(ぉ
でもあれだけのセットリストをあのハードなスケジュールでこなそうとして喉を
壊したり体調崩したりして、色々問題が起きてしまったのですよね。
残念でした、実に。。。
ちなみにライブ音源は最近は必ずリリースされるのですが、毎度収録が最終公演で
喉が疲れ切っている時なのですよね。
記録映像として残すのであれば一番脂ののっている時を収録して欲しいモノです。
(でもリリースしてくれるだけでもありがたい話なのですが。。。)

後はですね、その。。。言ってもいいですか? スタイル!
玉置さんはスタイル変わりすぎ!^^;
ツアーの最初と最後で別人のように変わってしまう(つまり体重がね。。。)
やっぱりロックバンドとしてはシャープでいて欲しいものです。デビュー当時は
痩せすぎですが^^;
結界のPVくらいで良いので程ほどにスタイリッシュにお願いします☆
(といいながら私自身が体重のコントロールをしきれていないのですが…)

といったところで、そろそろ文庫本にして2ページ分くらいの文章を書いたよう
なのでそろそろこの辺でお終いにします。。。^^;

今日は「です」「ます」調で文章を綴ってみました。
では、次は書きたい事があればまた好き勝手に綴ります。
書き手に悪気は一切無いので、お気に障った方がいらしたら我慢するかカラオケボックス
で安玉の歌を歌って気分を回復して下さいまし。。。^^

ではでは~。。。

0 Comments

Leave a comment