27 2011

安全地帯と玉置浩二について語る。。。その4

安玉ファンの皆様、こんにちわ。
お世話になっております。

さて今回も安全地帯を勝手に語ります。
個人的には他人が安全地帯を語っているのを見て、楽しいのかなぁと
思ったりもするのですが、私の場合それが楽しかったりするので、
まあ興味のある人だけ読んでいって下さい。

今回は避けては通れない世間評価についてかってに語ります(笑)
昨年復活した時は良い感じで世間から評価を受けていたのに、
何をどう間違ったのか年末には安全地帯の世間的評価は地に
落ちてしまいました。

何が悪かったんでしょうね。

いや、駄目なところは色々あると思いますよ(笑)

マスメディアの前で猥談をしてしまうとか、ライブを投げやりに
やってしまうとか、また結婚しちゃうとか……。
(最後のはプライベートだから別にいっか^^;)

こういう話をすると嫌な顔をするファンの人もいるのですが、
玉置さんは十中八九、躁鬱ですね。
症例はWikiで確認して頂ければ殆どの項目に当てはまる事が
お分かりになると思います。
JUNK LANDツアーの時には既にお医者さんに掛かっていたようですが、
今はどうなのでしょうね。お医者さんが上手くコントロールして
薬を処方してくれていれば良いのですが。。。

この病気の怖いところが自殺する確率が高いところなのです。
実際プレイボーイのインタビュー記事で四度の自殺未遂を図ったと
告白していますね。

まあ、今の風貌を見る限り限界突破のフルテンションっぽいので、
自殺は無いにしても一ファンとしては非常に心配な限りです。

そういった事情をメディアや一般大衆が理解していれば玉置さんの
挙動も、もう少し温かい目で見て貰えるのでは無いかと思うのです。

でも、ですね。
そういった精神状態にある時の方が玉置さんは良い作品を作ってしまう
のですよね、困った事に^^;

鬱な時か躁の時に名曲を作ってしまうという妙なジンクスが。。。^^;

いずれにしても膵炎と鬱病で三年間休んでいた時期を除いてほぼ毎年
アルバムをリリースしているわけですが、今年のアルバムはいつもにも
まして期待できそうです。

にも関わらず、アルバム「安全地帯XII」は大したプロモーション活動も
無くリリースされてしまいそうな勢いです。
ユニバさん今年も頑張って下さいよ。

色んなブログやサイトで安全地帯が音楽的に良い意味で取り上げられて
いれば、私がブログで書く必要はないのですよね。。。ホントは^^;

これは、草の根運動です。

一枚でも多くのアルバムが売れれば来年の30th記念に繋がるわけです。
その時は髪の毛の黒くなって10th記念ライブを彷彿とさせるような
アコスティックライブをやってくれるかも?!

なんて妄想をしているうちに文庫本で言うところの二ページ分の文章に
達したかなぁ。。。って事で今日はこれでおしまい^^

今からでも遅くないので尼で予約しましょう(笑)

■『安全地帯XII』


安全地帯XII(初回限定盤)(DVD付)


ではでは~

0 Comments

Leave a comment