17 2011

試聴『安全地帯XII』

安玉ファンの皆さん、こんにちわ。
毎度お世話になっております。

楽しみにしていた最新アルバム『安全地帯XII』をヘビィに聴き倒したところで
いよいよ所感を書こうかなと思っています。

本作は安全地帯ファンの間では賛否が割れていますね。
(某BBSを見た限りの話ですけれど。。。)

というのも本作はソロ作品『JUNK LAND』や『カリント工場~』のエッセンスが
入っていたりとソロ色が色濃く反映されているのですよね。

少なくとも貴公子のようなビシッと決めたバンド安全地帯が演奏する曲目では
ないですね^^;
「かあちゃん、枝豆持ってきて」とかね。

それに恋愛の歌を情緒豊かに歌い上げる曲目も無いですしね。

どちらかといえば反戦・世界平和を訴えるアルバム作品になってます。

『JUNK LAND』は一人で作った曲を集めてアルバムにしたら一つの世界観が出来
上がってしまった!結果オーライ!という風に見えるのですが、
『安全地帯XII』は反戦・世界平和というコンセプトを持って作り上げた作品が
大成したように思います。

正直私的には『安全地帯XI』よりも『安全地帯XII』の方が好きです。

今は安全地帯もソロも垣根が無くなっているのでしょうね。
玉置さんも昔、自分は安全地帯の一部だから安全地帯がソロ作品をやっても
おかしくないとファンクラブの会報で言ってましたしね。

今日からライブツアーが始まりますが、セットリストが楽しみですね。
最新アルバムから何曲演奏するのか、ソロ作品から何曲演奏するのか。

お客さんのいりは去年に比べると厳しいものがあるかもしれませんが、
私たちファンは純粋に彼らの歌と演奏を楽しめば良いと思います^^

今日ライブ会場に行く方々は楽しんできて下さい^^

ではでは!


安全地帯XII(DVD付)

0 Comments

Leave a comment