03 2011

小説のプロット作成

Medias N-04Cを見てニヤニヤしている今日この頃です。

皆さん、どうもです。
毎度お世話になっております。

物書きなんですが、最近文章を書くのが辛くて書いていません。
精神的にゆとりのあるときならいくらでも面白い(自称だけれど)文章が
思いついて、断片を読み返してみてニヤニヤしたり・・・

っと、それはともかく。

そういうわけで今余裕が無いので文章は書けません。

と、言ってしまうとそれで終わりなので、このブログの記事の中でプロットを
練ってみようかと思います。

長くなるかもしれないし、短くなるかもしれないのでご容赦(覚悟)してください。

■キャラクタ設計
物語が面白いかどうかを決めるのは如何にユニークなキャラクタを設計できるかに
かかっています(だそうです)
ストーリーは二の次です。

というわけでキャラクタを考えてみましょう。

最近知ったのですが、主人公と主役は別物だと言うこと。
つまり『涼宮ハルヒの憂鬱』はキョンが主人公で主役はハルヒなのですよね。
だから主役=主人公のパターンもあれば主役≠主人公のパターンもあるわけです。

ここは試験に出ますので要注意です。

さてキャラクタですが、ここでは語り部(=主人公)のキャラクタを決めようと
思います。

読者の共感を得るためにはどんな主人公が良いのか考えてみましょう。
思いつくポイントを書き出します。
・サラリーマン
・学生
・男の子
・能力は平均的
・外見は普通かやや劣る
・ここぞと言うとき頑張る
・最低限の身だしなみは整えている
・ロリコン

サラリーマンを主人公にすると夢の無い物語になりそうなので学生、それも高校生
くらいにするのが妥当でしょうか。
またロリコン等の性癖は都条例に引っかかりやすいネタになりそうでもあり、
一般読者の性的嗜好と必ずしもマッチしない可能性があるので除外した方が妥当
でしょう。

これ以上、主人公については全然アイデアが浮かばないので、
次は主役を考えてみましょう。
・学生?
・人間?
・女の子
・なんか凄い力を持っている
・美少女
・ツンデレ

主役は女の子にします。
男の子にするとBL系の物語になってしまいそうですが、私は門外漢です。

ここでは主役の女の子は人間以外の存在にしてしまいましょう。
例えば女神様?悪魔?妖精?・・・・・・。
どれも出尽くした感がありますねぇ。。。

まあ、じゃあこうしましょう。
・堕天使
・美少女
・なんか凄い力を持っている
・ツンデレ

とりあえずこれで行きましょう。(細かい話は抜き)
本当は各キャラクタ毎に100のエピソードを考える必要があるそうなのですが
ブログの記事として完結しないので、特徴は以上でいきます。


■世界観設計
さてさて、何にも考えずに書き始めたので頭の中に世界観はありません。
さて、ジャンルですが。。。
私はミステリー、SF、ホラーしか読まないのですが、どうせブログの記事です
ので思い切ってファンタジーにしましょう。

世界観の舞台となるのは高校ですね。

普通の高校では面白くも無いので、死人や堕天使の通う高校!
つまりこの世界では首尾良く高校を卒業することができれば現世に輪廻転生
あるいは堕天使→天使へとチャンスを得ることができるわけです。
突っ込み無しでお願いします。
(ファンタジーなのだろうか。。。)

■ストーリー展開
ストーリー展開で重要なポイントは起承転結を意識することもさることながら
導入のつかみとなるエピソードで如何に読者のハートをキャッチするかですな。

①導入
②起承転結

さて、困りました。
①導入です。
ここでは主人公に派手に死んでもらいましょうか。
それも天国のようなハッピーな状況から地獄に落ちるような勢いで不幸な目に
遭うという具合に。。。大丈夫かな?^^;
②起承転結
・起
まず何がしかの事件が起きないといけないのですが、何も思い浮かばなひ。。。
じゃあ、こうしましょう。
この世界から上の世界へ脱出する唯一の機関であるこの高校(?高校なのか?)
が消滅の危機に瀕した状態にあることが判明。
理由?
そんなものはまだ考えてまへん。

・承
主人公と主役の邂逅から危機的状況の打破のための試行錯誤

・転
危機的状況を作り出した黒幕との対決

・結
エンディング

とまあ、プロットの叩きは作りましたが。。。微妙。
肉付けできる自信がない。

まあ、いつか日の目を見る日も来るでしょう。
というわけで小説のプロットの書き方でした、ちゃんちゃん^^;

0 Comments

Leave a comment