19 2011

【読了】涼宮ハルヒの憂鬱



みなさま、どうもです。
毎度お世話になっております。

もうお世話になりっぱなしの迷惑掛けっぱなしの私ですが、
どうにかならんもんかと考え中。

それはさておき、掲題の『涼宮ハルヒの憂鬱』を読了しました。
いや、ホントはずっと前に読了していたのですが、読んでいないと
思われても癪ですので、今更感想を書こうと思います。

本作はシリーズの一作目。

一般書籍とライトノベルの間の存在じゃないかなと思っています。
作者が計算しているのかどうか定かでは無いのですが、非常に緻密に
計算されて完結しています。

今となってはラノベの古典的作品となってしまっているのですが、
逆に最近はこういう作品が少ないのでは無いでしょうか?

会話調で読者を楽しませる作品も有りだとは思うのですが、
やっぱりストーリーがあってナンボですよね。

本当に良く出来た作品だと思います。

あと、アニメ化に際して声優さん達やアニメの制作会社に恵まれたのも
幸いでしたね。

ちなみに私は劇場版の『涼宮ハルヒの消失』も鑑賞しているのですが、
こちらはちょっと冗長でした。
小説で読む事をお勧めします^^;

涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒの消失

0 Comments

Leave a comment