24 2012

【アダルトゲーム】作品Np.1『euphoria』

こんばんわ。

私が生まれて初めて購入したパッケージ版のアダルトPCソフト。。。
それが『ユーフォリア』です。

アダルトゲームほぼ初心者な私は取り敢えずAMAZONを散策。
特殊な性癖の持ち主というわけでも無い私は学園モノにカテゴライズされていた
本作品を気楽な感じでポチリました。

ぶっちゃけパッケージの絵に一目惚れ。

インストールして最初に驚いたのはOPテーマ曲のクオリティの高さ。
『楽園の扉』
是非カラオケに入れて欲しいです。
いやほんとに。

最近のアダルトゲームってこんなにOPに力入れてるんだ。。。













それはさておき、アマゾンのレビューで4つ★以上を獲得している作品だけに
否が応でも期待は高まります。

ストーリーは地下施設に閉じ込められた主人公(♂)と5人の女の子が、
その施設から脱出するためにゲームマスターの指示に従い与えられた課題を
クリアしていくというもの。

この課題にエロ要素があるわけなんですけども、正直エロというよりグロに近いっす。
まじぱねえ!
これが発禁にならない日本って結構表現の自由が保護されているんだなぁと関心。

もう正直、
らめぇ~~!!そんな事したら女の子死んじゃう!!!ってレベルです。
アダルトゲーム=いちゃいちゃエロゲーという発想は崩壊しました。

地下施設からの脱出が目的なので、脱出したら終わりの鬼畜ゲーかと思っていたら
さにあらず。

脱出した後からストーリーが加速します。
誰が、一体、何のために?といったミステリー要素がどんどん明らかにされていきます。

いうなれば、かなりシナリオが骨太な大作だったという事だったのですね。

小説を一冊読むのに要する時間は2~3時間。
本作品をクリアするのに要した時間は20時間以上。

結構コストパフォーマンス良いのかもしれないですね^^;

0 Comments

Leave a comment