31 2013

【読書感想】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7  他

大統領の演説も、クリスチャンの懺悔さえも♪

桜が随分散ってしまいました。
それでも品川区民公園を散策するのはなかなか気持ちよかったです。
CA3H0334.jpg


さて読書感想です。
以前の感想の訂正もしたいと思います。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7 (ガガガ文庫) [文庫]


大人気残念系青春ラブコメです。
4月からアニメの放映も予定されています。

6巻と比較すると7巻はギャグエッセンス増量です。
6巻が少なめだったのかもしれません。
でも相変わらず主人公に関わるラブ要素は薄め。。。
というより主人公にフラグを回収する意志がないのですが^^;
主人公八幡の所属する奉仕部に依頼されたのはある人物の修学旅行中の恋愛成就。
今作でも相変わらず一筋縄ではいきません。
切なくて素晴らしいです。
また今作でもボッチエピソードと主人公の秀逸なネタが素晴らしいです。

あとお詫びして訂正したいのが6巻の感想です。
以前6巻の読書感想で読むのがしんどくなってきたと書きましたが訂正します。
前作は途中で疲れてしまい挫折しました。ごめんなさい。。。
7巻の後、6巻を再読しました。
最後まで読み返してみてまさかの落涙。
切なすぎる!
本シリーズは個人的には今一番せつなく泣けるラノベかもです。

ものごっついお薦めです。




変態王子と笑わない猫。6 (MF文庫J) [文庫]


待ちに待った待望の変猫新刊です。
こちらも4月からアニメの放映も予定されています。
です。。。が。。。

うーん。
今作では『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7』と同じく修学旅行が題材。
ですが。。。

あれ?
うーん。。。
なんだかちょっと受け付けないです。なんでだろう?
月子ちゃんに魅力を感じなくなったのは私だけなのでしょうか?
次の巻に期待します。

0 Comments

Leave a comment