17 2013

【読書感想】しゅらばら! 7 (MF文庫J)

ナフー!

こんばんわ。
日中は暖かくて日差しが気持ち良いですね。

アニメといえば俺妹二期や超電磁砲Sも始まり今期は豊作の予感です。
ちなみに今期のアニメはまだ消化しきれておりませぬ。。。(汗

まあ、無理に消化しなくても良いんですけど(ぉ


さて、読書感想です。

しゅらばら! 7 (MF文庫J) [文庫]


修羅場きたー!
ついにガチの修羅場です!
主人公とそれをとりまく3人の偽彼女達。
3人の偽彼女達は親友同士裏で通じ合っており、そうとは知らぬは主人公だけ。
ところが偽のはずの恋人関係が彼女達にとってはいつの間にかマジになってしまい、
3者がそれぞれ牽制し合う中、ついに状況が一変。
本巻ではとうとうガーリッシュラバーな状態に突入していくわけです。
きな臭く、生臭い展開に否応なしに読者のテンションも上がります(*´∀`*)
物語はついにターニングポイント。
いやあ主人公は最終的に誰とくっつくのか、誰ともくっつかないのか
私、気になります!

0 Comments

Leave a comment