12 2015

【読書】読了ライトノベルの感想

大量にライトノベルを読了してます。
おかげでアニメがすこぶるすこぶらない感じです。

PSYCHO-PASSは結局一期も二期も見れてないです。。。
まあ、しょうがない。
しょうがない。
・・・

■ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(GA文庫)
大森 藤ノ (著), ヤスダスズヒト (イラスト)

1~5巻まで電子書籍で読了。
地下深くに続くダンジョンを攻略するLv.1の主人公が弱い弱い女神様を助けながら
コツコツそしてがむしゃらに一生懸命努力しながらLv.6のヒロインを目標に頑張る
お話。とても胸の熱くなる展開
かなりおすすめ!



■新妹魔王の契約者(角川スニーカー文庫)
上栖 綴人 (著), 大熊 猫介 (イラスト)

かなり際どいところまでエロいことになってます。
現在アニメも放映されてるみたいですけど、どこまで再現されてるのでしょう(^^;
主人公が強いだけではなくずる賢く敵をやっつけるところは他のラノベであまり
みかけないタイプです。
おすすめです。電子書籍化も早くてはかどりますね~。



■ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (富士見ファンタジア文庫)
羊 太郎 (著), 三嶋 くろね (イラスト)

まだそれほど知名度が高くないのですが、これは面白いです!
主人公も2ヒロインもキャラクターが立っていて素晴らしい!
そのうちアニメ化されちゃうんじゃない?



■魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉(MF文庫J)
川口 士 (著), 片桐 雛太 (イラスト), よし☆ヲ (その他)

激アツです。
辺境の地の小さな領土を預かる主人公。弓だけが取り柄の人のいい貴族が
戦に巻き込まれながら活躍していくお話。
ちょっとしたきっかけからいつの間にか内乱平定、そして・・・
王道な英雄譚だけれど、ストーリーがどう転ぶか先が見えないです。
とても先が気になるお話です。

0 Comments

Leave a comment