22 2016

【陰謀論】米国大統領選挙の件

先日ある勉強会に参加してきました。

普段は自重して書かないのですが、別に『問題ないよ~』って許可でたので
少しだけ情報共有をかねて記載。
(普段より薄めの内容なのかなぁと感じたりもしましたし)

今回の選挙の民主党VS共和党のイメージは以下のとおり。

■アメリカの民主党
=グローバリズム=世界の垣根を越えてやっていこう!路線
=きれいごと(たとえば出来もしない核のない世界)
=支持者はグローバリスト

■アメリカ共和党
=強いアメリカを取り戻せ!
=暴言(ただし一部の民意を確実に代弁している)
=支持者はティーパーティー運動の面々
 (金融、IT、飛行機など軍需産業と結びつきの強い企業)


★日米メディアではヒラリー優勢を伝えていたものの実際はどうだったか?
①民主党
バーニーサンダースの選挙撤退によりユダヤ人も民主党支持をやめる。
⇒かれらはヒラリーに投票しない、もしくは共和党へながれる。
⇒ヒラリーによる秘密漏洩の件のFBI操作開始
⇒サイレンとマジョリティ(多数のどっちつかず派)が共和党へ流れる

②共産党
ユダヤ人の資金援助を取り込み成功
⇒ヒラリーのFBI操作の件でサイレンとマジョリティの取り込み成功

★マスコミは結局サイレンとマジョリティ層の動きをつかみ見れなかった。

★陰謀論
①ヒラリーは秘密漏洩の原因はロシアであると断定
⇒トランプとプーチンは仲良し
⇒FBIは今回の情報暴露で調査せざるを得なかった。

②ロシアと中国は実は仲が悪い
⇒中国を中心にヒラリーを応援
⇒ロシアを中心にトランプを応援(ヒラリーの機密情報漏洩)

③大統領当選後のデモについて
⇒自国の国旗を燃やすデモは東アジアに多い
⇒ということは選挙後のデモは一体だれが?
⇒いうまでもなくアジア系のヒラリー支持層。たちが悪い。

なお、内容は結構カットしてます^^;

0 Comments

Leave a comment