27 2017

【陰謀】金正男暗殺事件についてTOCANAに興味深い記事発見

連日のように正男さんのニュースが流れてますけど、どの報道も今ひとつピンとこない。
情報が増えるほど意味がわからじ。

正男さんのお腹の入れ墨の有無写真(右は事件直後)
20170227_02.jpg
(※事件にあった男性は護衛なしの単独行動であったりあるはずの入れ墨のないことを鑑みて、
ネット上では影武者説がにわかに指摘されはじめていたりする。)

2/13に殺害されたとされる正男さんが影武者ではないかという説は竹田恒泰氏もその可能性を指摘していたりと、
男性が本当に正男さんであることに疑義がもたれはじめている。

こういう困ったときはTOCANAです(*´∀`*)

『本物の金正男は1月下旬に殺害されていた!? ジャーナリストが「中国暗殺説」「生存説」を徹底検証!』
http://tocana.jp/2017/02/post_12411_entry.html


聖橋氏によると1月下旬~2月上旬にかけて正男さんはシンガポールで殺されているという。

宇田川敬介氏のブログの示唆と共通する点も多く興味深い。
『「金正男とみられる男」の暗殺報道とそれにあわせた様々な動きについて』
http://udaxyz.cocolog-nifty.com/udaxyz/2017/02/post-7ac7.html


中国共産党は今回の一件で北朝鮮を世界の悪モノ世界にアピールしておき
経済的制裁、最終的に軍事的制裁という形で国内へのピーアールに使いたいという仮説だったりする。

いずれにしてもこの秋に向けて中国共産党がどのように動くのかで何となく情勢が見えてくるかも。

0 Comments

Leave a comment