20 2017

【スマホ】SIMフリー端末のおサイフケータイお引っ越しのリスクについて

SHL25をmineoのSIMで使っていたわけですが、調子が悪くなってきたので
昨年買ってWalkman替わりに使用していたSOV31に端末変更することにしました。

去年時点で分かっていたけど、SHL25はmicroSIM でSOV31はnanoSIMと
SIMのサイズが違うのでSIMの変更手続きが必要になります。

まあSIMのサイズは機種変更時に注意しないといけないポイントなので、そこは問題なし。


そもそも去年時点で機種変更しなかったのはSOV31の発熱があまりに酷くて、バッテリーも持たないので
機種変更を見送ってた経緯があります。
SOV31はその後Android6.0、7.0とアップデートを経て電話やネットを使わなければそこそこ持つようになり
今回SOV31に機種変することにしました。
(神端末って程ではないと思いますけど・・・)

20170420_03.jpg

さてさて、ガラケーからスマホに引っ越しするときにも難儀に思ったのがおサイフアプリのデータ移行でした。
とりまで使ってるアプリは以下の3つ。

①楽天EDY、②SUICA、③ANAの3種類。

前回事前に確認せず移行しようとして難儀な目にあった記憶があるんで今回はちゃんと調べていきます。


①楽天EDY
手数料100円かかる方式と無料で残高を移す方法があるようです。
まあ手数料100円払っても確実に移行したいもんです。
以前もこちらの方式で残高移したので今回もこれでいきます。

https://edy.rakuten.co.jp/howto/osaifukeitai/exchange/

②SUICA
なんかメンドイ思いをした記憶があるんですけど忘れました。。。
EDY同様に事前に「機種変更メニュー」からデータをセンターに移しておく
必要があるようです。

https://www.jreast.co.jp/mobilesuica/procedure/chg_model.html

③ANA
ANAのマイルはスマホに保持しているわけではないので、
インストールしてログインだけかな。
EDYと紐付けてると分からんけど。

https://www.ana.co.jp/amc/reference/kishuhen_osaifukeitai/

ここでSOV31へ移行して回線の移動も確認しておサイフアプリのデータを移行しようとして
衝撃の事態が発生した。

(felicaの)初期化設定できない!

どういうことかといえば、おサイフケータイアプリは動かないということ。
felicaの初期化は端末初期化で出来ないらしい。
端末のチップ側にゴミデータが残っているためなのか、チップ自体が壊れていたのかで
モバイルSUICAもEDYもANAアプリも動かなくなりました。

一応キャリア販売した端末についてはSIMフリー化してもキャリアの店舗である程度面倒は見てくれる
という記事を見ていたので、AUショップにもって行きました。

ショップには端末のFelicaチップを初期化してくれます。。が!
初期化できませんでした。

チップの故障か、端末の故障か分からないので、メーカーに修理を出さないと何ともいえないと。
さらにメーカー側でも原因が分かるとは言えないうえ、修理にいくらかかるかも分からないとのことでした。


ワタシ的にはコレを機会におサイフケータイを卒業することにしました。
現状SUICAとEDYがあれば良いので別にカードで持っても良いかなぁと。
おサイフケータイをあきらめる事で使える端末の幅が劇的に広がるので。。。
同じことはfelica対応したiPhoneも同じ仕組みであれば、今後大きな問題になってくると思います。


Felicaチップを使用している人は気をつけないといけないです。
①売る場合
端末初期化の上さらにショップに端末を持ち込んでFelicaチップの初期化することが必要

②買う場合
Felicaチップが初期化されていない白ロム端末を入手するとおサイフケータイアプリは使えない可能性がある。

Felica自体ガラケー時代の産物で、そろそろ仕組みを見直さないと今後は縮小傾向になるかもしれんですね。


0 Comments

Leave a comment