09 2017

【SIMフリー端末】「HUAWAEI」と「ASUS」のスマホ比較の件

先日Xperia SOV31の調子が悪くSIMフリー端末にへ切り替えることにしたんですけど。。。
いや先日の記事に書いたとおりHUAWEI P9 Liteを購入してもう切り替えたんですけど。。。
どうにも納得感が・・・ガジェット好きとしては物足りない・・・

つうことでSIMフリー端末にお手頃な気になるメーカーを二つピックアップしてみました。
今回は海外メーカにしました。

①HUAWEI
②ASUS

中国メーカーと台湾メーカの2社です(今後はシャープも台湾メーカとして扱うのか・・・)

いままで日本のメーカーの端末をずっと使ってきて、少し冒険してみたくなったというのもありますし、
SOV31でおサイフケータイが(不慮の事故で)使えなくなったため、大きな制約がなくなった事もあります。

さて、この二つのメーカーですが巷でも評判は良いです。
そこで実体験を踏まえてそれぞれの端末の感想おば書こうと思います。
どちらも機種は沢山でているんで比較対象は「P9 Lite」と「Zenfone3」です。

■HUAWEI
20170509_01.jpg

http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/p9/index.html

最初にSOV31の代替機として購入したのがこの端末です。
大体2万~2.5万が実売です。
これに疑似革カバーを購入して使用しました。
この疑似革カバー装着時の重さがなかなかのもんで、うーん・・・って感じでした。

HUAWAIというと個人的には「MediaPad T2 7.0 Pro」というタブレットを使っているのですが、
この製品はかなり完成度が高い上に2万円台でリーゾナブルでNEXUS7の後を継ぐに相応しい
端末だと思ってました。

それだけに「P9 Lite」のスマホとしては問題ないです。
ちょっと物足りない・・・ホントに好みの問題です。

スマホとしては実用性に問題があるわけでは無いので費用対効果を考えて選択肢としてはアリだと思います。
ちなみに再起動時の会社ロゴが・・・無駄に派手で・・・日本時受けしづらい気が・・・ゴメン。

■ASUS
20170509_02.jpg

https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-3-ZE520KL/

ZenfoneシリーズといえばSIMフリーのブランドになってますね。
ASUSは台湾のメーカーでPCパーツを作ってましたが、ネットブックのEee PCの時代から
センスが非常にあった会社です。
ちなみにこちらはgoogle謹製「Nexus7」(2012、2013)を作っていた会社です。
技術力のある会社です。

満を持してスマホに参入して順調にZenfoneシリーズも三台目まで重ねています。

ただ難を言えば
Zenfone3のシリーズが多すぎる!
DeluxだとかLaserたとかMAXだとかZoomだとか・・・購入する人は迷いますわな。
色々売りたい製品があるのは理解できるけれど、少し考えを練った方がいいかな。

今回購入したのは無難なZenfone3(ZE520KL)です。
それほどまた使い込めてはいないですが、純正のカーバーを購入するとかなり
良い感じになります。

↓こんな感じ


20170509_03.jpg


ASUSはセンスの良い会社ですよね。


**どっち選ぶ?**

どちらも指紋認証のある製品を選びました。
一度指紋認証になれると後に戻れないですね(--;

どちらの製品にも指紋認証機能はついているので大丈夫です。
あとは端末の見た目と操作感につきるとは思います。

おサイフケータイがあればもう言う事ないんだろうけどなぁ・・・
今回はスペック比較なしにして見た目や使用感度をベースに書いてみました。

スペックはヘビーなゲームをしない人にはあまり影響ないんですよね。
液晶やCPUの省電力化が進み、SOV31のような超発熱やGalaxyなんとかみたいに爆発することも
そうそうないです。

今のところワタスはZenfone3を押したいですね。
皆さんもガジェット選びに楽しく悩んで楽しんで下さい。






0 Comments

Leave a comment