27 2017

【マンガ】キン肉マン『完璧超人始祖編・完』の感想

週刊プレイボーイWebコミックで連載されているキン肉マンの『完璧超人始祖編』が
ついに完結しました。

感想を忘れないうちに書いておきます。

■週刊プレイボーイWebコミック
https://bookstore.yahoo.co.jp/comic-shueisha/free_magazine-136077/

思えば正義超人・悪魔超人・完璧超人の相互不可侵条約が完璧超人無料大数軍によって
破約されるところから始まったわけですけども。

今回のシリーズの良かったところは元祖キン肉マンの続編としてちゃんとキン肉マンしてたところ。

まさかの「7人の悪魔超人」や「悪魔6騎士」の参戦と大活躍。

20170527_01.jpg


悪魔超人軍が完璧超人の精鋭と死闘を繰り広げるところは往年のファンにはムネアツの展開でした。
もう二度と活躍する機会がないだろうって連中が活躍するさまはやっぱり嬉しいもんです。


■シルバーマンの降臨!!
そしてそして銀のマスクことシルバーマンが肉体をもって降臨するという驚愕の展開。
正義超人の開祖にして完璧超人始祖という30年近くたって明かされた衝撃の展開でした。
20170527_03.jpg

しかもしかもムチャ強いし。
キン肉マンの必殺技「マッスルスパーク」の原型「アロガントスパーク」とかね、
なんだよ、ズルいよ。
キン肉マンの中では珍しい一人称が「ボク」というのもイメージ通りでした。
シルバーマンと完璧超人始祖サイコマンの因縁の戦いも激戦でした。


■悪魔将軍悪魔将軍の活躍!!
2世で残念な感じの描かれ方だった悪魔将軍が超かっこよくなってて泣いた。
いやそれ以前に兄弟のシルバーマンとともに完璧超人始祖だったことにビックリした。
意外性だけでなく、師にあたるザ・マン=ストロング武道=超人閻魔とのかつての誓いにしたがい、
間違えた道を進もうとする武道を実力で止めるという強い意志に基づく行動だったのが余計に感動。
「地獄の9所封じ」に始まりフェイバリットホールドである「地獄の断頭台」も格好良かった。

20170527_02.jpg

それ以上に最後の将軍VS武道という師弟対決にして悪魔超人VS完璧超人の頂上決戦で
将軍自ら使って見せた火事場のクソ力による「神威の断頭台」がマーベラスだった。
「地獄の断頭台」にシンプルな改良を加えた、でも最高に説得力のある奥義だった。
超人硬度10の悪魔将軍がこんなにボロボロになるような試合はなかなか想像できない。

■屁のツッパリはいらんですよ!!
このシリーズはほんとによかった。
一試合あたりの話数が基本的には2~3話で完結していくので、二世に比べて凄くテンポがよかったです。
それでいて一試合あたりの密度が濃い!
完璧超人始祖もイヤな奴っぽかったサイコマンが読者に愛される良いキャラだったりと、
キン肉マンが最後に総括しているとおり誰にも悪い非はない読後感の良い展開だった。
最後の試合は武道VSキン肉マンになり、将軍は咬ませ犬になるだろうというおおよその期待を裏切り、
将軍VS武道戦でシリーズが完結したところも良かった。

最後まで単行本を読み返すと目頭が熱くなるようなムネアツなシリーズだと思います。
Web連載という大御所があまりチャレンジしない舞台で、
ゆでたまご先生の真価を見せてくれたと思う。

6月中旬に新シリーズが始まるそうで、本シリーズで随分メジャー級の超人が減ってしまった中、
どう展開するのか大きな期待と併せて気になるところです。

楽しみにしてます!

0 Comments

Leave a comment